menu close
お問い合わせ

団体情報

代表挨拶

フィランソロピー(Philanthropy)という言葉は、欧米では古くから『博愛』『慈悲』『利他主義』などの概念で使われていますが、日本ではまだなじみの薄い言葉です。「フィランソロピック」というその形容詞を名前に冠した日本フィランソロピック財団は、社会貢献を希望する寄附者の方と、次の世代にどのような社会を託したいかを一緒に考え、寄附を通してそれらの「おもい」を実現するべく社会的な取り組みを実施してまいります。

私は33年間、金融業界に身を置き、ニューヨーク、香港、アムステルダム、チューリッヒ、ミラノと22年間の海外生活で様々な投資の世界を経験してまいりました。その中で感じたことは、資本主義の変化の兆しでした。
21世紀の資本主義は多様的で社会的なリターンがより求められるものになると見られています。そのような時代に寄附は、まさに社会的リターンを求める未来への投資です。これらの考えのもと、日本で利他の精神に富んだ寄附者の方々とともに次の世代へ託す社会を考え構築していくために、この財団を設立いたしました。

日本フィランソロピック財団は、皆様方の次世代の社会への「おもい」を「かたち」にできると信頼され、大切な「寄附」という未来への投資を託していただける財団を目指します。

代表理事 岸本 和久

代表理事 岸本 和久

プロフィール

1987年野村證券に入社。主に海外でのビジネスに従事し、香港、ニューヨーク、ミラノ、アムステルダム、チューリッヒと22年間の海外駐在を経験。野村ホールディングスのIR室長、米州野村の経営企画部長など歴任。2017年、野村證券、野村総合研究所の社内ビジネスコンテスト「野村イノベーターズ」で「富裕層と社会貢献を結ぶ、有価証券による寄付のプラットフォーム」で優秀賞を受賞。社内でプロジェクトを推進したが、より多くの寄附者の方に活用いただくため、2020年4月に野村證券から離れて一般財団法人日本フィランソロピック財団を設立して、代表理事に就任。

理事

  • 鵜尾 雅隆

    岸本 和久

    金融機関に33年勤務後、日本フィランソロピック財団を設立

  • 鵜尾 雅隆

    鵜尾 雅隆

    認定特定非営利活動法人
    日本ファンドレイジング協会
    代表理事

  • 深尾 昌峰

    深尾 昌峰

    公益財団京都地域創造基金前代表
    プラスソーシャルインベストメント(株)代表

監事

  • 本郷 順子

    本郷 順子

    本郷順子税理士事務所 税理士

評議員

  • 鈴木 栄

    鈴木 栄

    一般社団法人ソーシャル・インベストメント・パートナーズ
    代表理事

  • 伊藤 健

    伊藤 健

    慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任講師
    特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン 代表理事

  • 宮城 治男

    宮城 治男

    特定非営利活動法人エティック
    代表理事

団体情報

名称 一般財団法人日本フィランソロピック財団
設立 2020年(令和2年)
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目3−1 幸ビルディング9階
TEL:050-5433-8008

基金の設立をお考えの方は、
まずはお問い合わせください