menu close
お問い合わせ

ニュース

日本フィランソロピック財団 公益認定取得のお知らせ

日本フィランソロピック財団は内閣府より公益財団法人として認定されました。

2021年3月25日、日本フィランソロピック財団(所在地:東京都千代田区、代表理事:岸本 和久)は、内閣総理大臣(内閣府)により「公益財団法人」として認定を受けました。これをもって、寄附者の方々の寄附への税制上の優遇措置が適用される環境が整いました。寄附を通じた社会貢献を考えていらっしゃる方々に基金というソリューションを提供する事業を本格展開いたします。

【財団の概要

名称       公益財団法人 日本フィランソロピック財団
英文     Japan Philanthropic Foundation
設立日    2020年4月27日(一般財団法人として設立)
公益認定日  2021年3月25日
所在地    東京都千代田区内幸町1丁目3−1 幸ビルディング9階
ホームページ https://np-foundation.or.jp/
主な事業内容 
社会貢献事業への資金提供を目的として、寄附を募り、それを基金として管理運営し、助成などを行う事業


【岸本代表理事メッセージ】

私は33年間、金融業界に身を置き、22年間の海外勤務で様々な投資のかたちを見てまいりました。その中で感じたのは、お金の流れの変化の兆しです。21世紀は、自分自身への経済的リターンだけでなく、社会的なリターンを求めるお金の使い方が主流になることを強く実感しています。その意味で、寄附は社会的リターンを求める「未来への投資」です。わが国でも寄附は善意の資金循環として拡大しつつありますが、世界第2位の個人金融資産額を有する日本の個人寄附額は、米国の5%にも満たないのが現状です。しかし、金融業界での経験から、日本には社会貢献を考えている方がとても多いことを認識しました。それゆえに、この度の公益財団法人の認定を受けて、今まで以上に利他の精神に富んだ寄附者の方々と、次の世代へ託す社会づくりの一端を担ってまいります。

一覧に戻る

基金の設立をお考えの方は、
まずはお問い合わせください